400R ECU Tuning

チューニングベースとして高いポテンシャルを持った新型スカイライン400RのECUチューンのご案内です。

特徴
■最大でノーマル比 約25%のパワーアップを実現
・Dynapack(4速にて計測)tcf(係数:0)
■ステアリングにあるオートクルーズスイッチを使用しモードを選択
■インストールされた4つのデータからステージごとにモードを選択
・スポーツ走行時はモード1で最大BOOST 1.4k、
・省燃費走行時はモード4で最大BOOST 0.84k
・など走行シーンに合わせて選択していただけます。
■スピードリミッターの解除
・180km/hスピードリミッター解除
■オートクルーズ
・設定速度変更済み
■純正セッティングデータはHKS-TFオリジナルデータとなります。
■インストールは約60分程ですので当日作業可能です。
■作業には予約が必要です、お電話にてご確認ください。
■価格 140,000円(税別)

操作説明

↑エンジンアイドリング状態で、ステアリング上にある「CANCEL」ボタンを長押しするとBOOST切り替えモードへ切り替わります。

 

↑通常アイドリングは750回転前後ですが1000回転(下写真、モード1)へ切り替わります。
(上の写真は通常アイドリング状態です、下にの写真がモードセレクト時、モード1の状態です)

モードの切り替えは「RES+」、「SET-」ボタンで4つのモードを切り替えます。

それぞれどのモードに入っているかはタコメーター上の針が示す回転数で知ることができます。


↑モード1
(針の位置は1000rpmを指しています)
最大BOOSTは1.4kとなります


↑モード2
(針の位置は2000rpmを指しています)
最大BOOSTは 1.2kとなります。

↑モード3
(針の位置は3000rpmを指しています)
最大BOOSTは 1.0k となります。

↑モード4
(針の位置は4000rpmを指しています)
最大BOOSTは 0.85k となります
これはノーマルBOOSTが1.0k(モード:3)なのに対し低い設定としており、
より走行ステージに合わせたドライビングに対応する事としました。

パワーグラフ

パワーグラフ線説明
上から、
赤:BOOST 1.4k
緑:BOOST 1.2k
黄:BOOST 1.0k
マゼンダ:BOOST 0.85k
赤:BOOST 1.0k(ノーマル)

弊社テスト車両では、モード1 BOOST 1.4kの設定で最大パワーは447ps/5145rpm、トルク68kgm/3992rpmを計測しました。
・Dynapack(すべて4速にて計測)tcf(係数:0)
データインストール前に比べ約25%のパワーアップを達成しました。

※テスト車両データ

エンジンノーマル、HKSスーパーターボマフラー装着

エンジンルーム

↑後付けパーツは特にありませんのでエンジンルーム内はノーマルと変わりません。

 

Specialthanks Varis

PICK UP CAR

86/BRZ R35 GT-R S660 Swift RB26
ページ上部へ戻る